読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーの話

アレルギーを勉強するためにアレルギーについて調べてました。

生活が豊かになるほどアレルギーの危険性が高まる!?

生活が豊かになるほどアレルギーの危険性が高まる!?

最近のめざましい医療の進歩によって多くの病気は駆逐され、または有効な対応策が生み出されてきました。しかし、そんな中でも患者数が増加している病気が存在します。その代表的なものの一つがアレルギーです。なぜアレルギー患者数は増加傾向にあるのか? その原因はなんと身近なものにあったのです。

技術の進歩によって、より多くのアレルゲンに触れるようになった。

アレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」と呼びます。現代人は昔の人よりも多くのアレルゲンに触れるようになったと言われています。なぜなら私達の身の回りにあるもの全てがアレルゲンとなる可能性を秘めているからです。考えられる原因をいくつか見てみましょう。

居住環境の変化によるダニアレルギーの増加

現代の家は空調の整備によっていつでも快適な温度で過ごせるように進歩していますね。しかしこれは虫、特にダニにとっても生育に好条件で、これにより人体のダニへの暴露数が増加していると考えられています。結果、ダニをアレルゲンとしたアレルギーが増加しています。

食生活の多様化

料理技法の進歩によって多くの物が食べ得るものになってきています。もちろんこれもアレルゲンになりうりますし、また添加物や皿の材質に至ってもアレルゲンとなる可能性があります。

環境汚染物質の増加によるアレルギーの悪化

産業が盛んになるにつれて空気中の汚染物質が増加します。目に見えないような微小な物質でさえアレルギーの原因物質になりうるのです。

これからもアレルゲンへの暴露機会は増え続けると考えられている。

現代人は症状の大小はあれど、ほぼ全員がなにしかしらのアレルギーを持っている、と報告している論文が発表されています。これからも新しい物質は増え続け、それと同時にアレルゲンへの暴露の頻度は増加していくでしょう。アレルギーへの有効な治療法、予防法の開発が望まれるとともに、各個人でのアレルギーへの正しい知識、予防法を知っておくことが重要になってくるのです。