読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーの話

アレルギーを勉強するためにアレルギーについて調べてました。

PM2.5や黄砂が恐ろしい病気を引き起こす。しっかり対策しよう

PM2.5や黄砂が恐ろしい病気を引き起こす。しっかり対策しよう

「PM2.5」や「黄砂」という言葉、聞いたことありますよね。春になると中国の方から偏西風に乗ってやってきて、視界が悪くなったりと厄介なものです。実はこのPM2.5と黄砂、なんとアレルギーにも関与していることが最近の実験からわかってきました。PM2.5とはなにか、これらはどういったアレルギーを引き起こすのか、またどのような対処法が有効かを見ていきましょう。

PM2.5とは直径2.5μm以下の空気中の粒子のこと

PM2.5という名前は知っているけれど言葉の意味はよく知らない・・・といったhttp://blog.hatena.ne.jp/tmura3/allergy874.hatenablog.com/edit#人も多いのではないでしょうか? PM2.5は空気中に舞う大きさ2.5μm以下の物質のことを指します。ちなみに1μ(マイクロ)は1mmの1000分の1です。当然目に見えませんね。なのにアレルギーを引き起こす可能性のある恐ろしい物質なのです。

PM2.5や黄砂は肺や気管支でアレルギー反応を起こすことが分かってきた

PM2.5などは非常に小さいため、普通に呼吸しているだけで体内に入ってきます。そして肺の中や途中の気管支でアレルギー反応、つまり炎症を起こし、喘息様の症状を引き起こすのです。

マウスを用いた実験でアレルギーを引き起こす物質の増加が確認された

実験用のマウスにPM2.5や黄砂を吸引させると、数十分後に肺の血管内でアレルギーを引き起こす体内物質、インターロイキンという物質が増加していることが確認されました。この物質が増加することにより肺の血管周囲や気管支で炎症が発生し、ひどい咳や呼吸困難を引き起こすと考えられています。

PM2.5や黄砂への有効な対策法は?

この厄介なPM2.5や黄砂ですが、有効な対策はきちんとあります。個人でできる対策は外出時にマスクをつけること、帰宅時にうがいをすることの大きく2つです。簡単にできる対策法ですが、効果はバッチリです。この時期は花粉も多く飛ぶ季節なので花粉症の対策にもなって一石二鳥ですね。

体調管理は非常に重要なことですので、日頃から気をつけていきたいですね。