読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーの話

アレルギーを勉強するためにアレルギーについて調べてました。

地球温暖化が進むことで、花粉症患者が増えることへの懸念

地球温暖化が進むことで、花粉症患者が増えることへの懸念

近年、花粉症患者は増加傾向にあると言われています。この原因にはいくつかの要因が考えられていますが、大きな要因としては花粉の飛散量が増加したことによるものと推測されています。単純に花粉の量が多くなったので、それを吸い込んでアレルギー反応を示す人が多くなった、ということですね。そしてその原因には意外なことに、地球温暖化が一役買っていたのです。

なぜ花粉飛散量が増えたのか?

日本でのこの理由としては主に2つ考えられていて、まず1つ目としては、戦後に大量に植樹したスギの木が現在ちょうど成熟期にあり、花粉を撒き散らすようになったということです。 そして2つ目は地球温暖化によって花粉の飛散期間が伸びたことや、飛散量が増えたことが影響していると考えられています。なぜ地球温暖化が花粉量に影響するの?と思う人も多いでしょう。そこで、詳しくその理由を見ていきましょう。

地球温暖化が花粉飛散量を増やすメカニズム

なぜ地球温暖化が花粉の飛散量を増やすのか?今までの統計結果から、前年の7月の平均気温が翌年の花粉の飛散総量に関係することが分かっています。 これはこの時期にスギが最もよく育つのですが、それに加えて、この時期の気温の上昇がスギの生育のためによりよい環境になっているためと考えられているからです。 気温の上昇によって夏場に十分育ったスギが、翌年の春先に大量の花粉をばらまくのですね。 また1月の平均気温もその年の花粉量に関係があると考えられています。この時期の気温が高いとそれだけスギの開花時期が早まり、例年よりも長い期間、花粉が舞うことによって結果的に年を通じての全体の花粉量が増加するからですね。 この問題の厄介なところは、これからも地球温暖化は年々進んでいくだろうと考えられていることです。つまり、これからも花粉の飛散量は年々増加し、花粉症の患者数はどんどん増えていくだろうと予測されているんですね。 地球温暖化の問題はスケールが大きすぎて、いまいちその影響を実感できていない人も多いかもしれませんが、意外と身近にその影響が現れてきています。花粉症はご存知のとおり、厄介な病気ですから、皆で協力して少しでも発症要因になるものはなくしていきたいですね。 

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]

IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]