アレルギーの話

アレルギーを勉強するためにアレルギーについて調べてました。

喘息や蕁麻疹の発症頻度には性差がある。その理由とは?

いくつかのアレルギー性の疾患には、性差による発症頻度の差が認められています。その中でも、より大きな差があると言われているのが、喘息と蕁麻疹です。

2つとも罹患している人が多いため、その理由が明らかになれば、新しい治療法の開発につながって、多くの人を救えるのではないかと期待されています。

この記事では、現在までに報告されている、「喘息と蕁麻疹の性差による発症頻度の差」についての詳細と、その考えられている理由について解説していきます。

喘息は青年期までは男性に多いが、成人後は女性に多くなる

喘息発症者の年齢の統計を取ってみると、17歳までは男性のほうが発症者が多いものの、それ以降は女性のほうが多いというデータになっています。その差は最大で3倍にもなり、明らかに喘息の発症には、性差による何らかの違いがあると考えられています。 また、重症度においても女性のほうが重症化しやすいと考えられており、研究テーマとしてとても興味深いものになっています。

 

減汗性コリン性蕁麻疹は明らかに男性に多い

統計データからは、一般の蕁麻疹の発症頻度には、性差による違いは見られませんでしたが、減汗性コリン性蕁麻疹については、男性のほうが明らかに優位な数値でした。 一般的な蕁麻疹は主に汗をかきやすい部分に出現しますが、それに対して、減汗性コリン性蕁麻疹は、汗をかきにくい部分に出現する蕁麻疹です。 この発症機序は明らかにされていませんが、蕁麻疹という同じカテゴリーではあるものの、全く違う病気なのではないかと考えられています。

性差による発症頻度の差はどうして生まれるのか

性差による違いを説明する一つの理由として、女性ホルモンが考えられています。特に、女性ホルモンの、「Th2サイトカイン」という物質を産生させる働きに注目されています。 マウスの実験において、このTh2サイトカインが喘息などのアレルギーに関与する可能性が示されています。 これからの研究で、性差による違いの原因が判明すれば、完治が難しいとされているアレルギー治療において、新しい治療法が開発される可能性があります。